■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具

レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。
レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。

 

レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。



■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具ブログ:2022-07-22

一週間くらい前、遅い主人の帰宅を待ちかねて、
子供達と3人で夕食のテーブルを囲んでいた時のこと。

8歳になるむすめが、
ちょっと思慮深げに
「天国はどこにあるの?」と言い出した。

学校で宇宙について勉強しているらしく、
太陽系のほかにも同じような惑星がたくさんあって、
宇宙はとてつもなく大きいという事を習ったと話してくれた。

むすめは、このとてつもなく大きい宇宙の何処まで行ったら、
天国にたどり着けるのかと不安を感じたのであろうか?

10歳になろうとする息子は、
「やっとそういうこと考えるようになったの?」
とでも言っているかのように、
黙って妹の顔を見ていた。

「天国はここだよ」と
地図を見せるわけにもいかない。

そこでぼくの方から子供達に聞いてみた。
「あなた達は天国に行けるの?」 

すると子供達から
「いい子だから行けるよ!」
との答えがかえってきた。

ぼくはもう少し突っ込んだ質問してみようかな…と思っているうちに、
何故かすぐに話題は
「犬は天国に行けるか?」へと移ってしまった。

そういう話の本を読んだ事があるという。
「じゃあ、うちのジョンも天国に行けるの?時々悪い事するけど…」
と言ってみた。

我が家の犬ジョンは、お世辞にも頭のいい犬とは言えない。
そんな彼でも、人の気を引くために、
やってはいけないと分かっている事をやって、
怒られるという芸を時々するのである。

ぼくがこう説明すると、
息子は「そうそう」とうなずき、
ぼくが言わんとしている意味がわかっているかのごとく、
「どうかなぁ〜」と答えた。


ホーム サイトマップ