■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。 誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。
レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。

 

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。



■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:2022-08-17

呼吸をしたり、身体を動かしたり、内臓をはたらかせたり…
ほとんどの生命活動に酵素が関わっています。

酵素が不足すると、身体に様々な不調があわられます。
酵素が身体の中から無くなってしまうと、
あたくしたちは生きていられないんですよね!

酵素は身体の中でも作られるんですが、
その量には限度があるので、
食べる事から酵素をたくさん摂ることが、
健康な日々を送るためのポイントということになります。

ちなみに、
酵素は、3,000種類以上もあるといわれています。

しかし、その酵素のほとんどが、
48℃〜70℃の間で壊れていきます。

なので、
熱に弱い酵素を効果的に摂るには、
野菜、フルーツ、刺身といった
生の食品に頼るしかありません。

といっても、
食べる事の中で生の食品を大量に食べる…
というのはなかなか難しいですよね?

そこでもう一つの
酵素が多いミラクル食品の出番です。

その食品とは、
味噌、納豆、ぬか漬け、キムチ、などの発酵食品。

皆さんは、発酵食品を、
日々の食べる事の中で食べていますか?

発酵の期間が長いものほど、酵素の働きが強く、
身体に良いみたいですよ。

生の食品だけでなく、
納豆や味噌やキムチなどの発酵食品を、
積極的に食べる事に取り入れてみてはいかがでしょう。

食べる事に酵素が含まれていないと、
身体の中の酵素が「食べたものの消化」にばかり使われてしまうので、
「新陳代謝=疲労回復」に使える酵素が少なくなってしまいます。

酵素の多い食品を食べる事で摂っていれば、
身体の中の酵素と食品に含まれる酵素とで、
「消化」も「新陳代謝」もしっかり!
生の食品、発酵食品を日々の生活で取り入れましょう!


ホーム サイトマップ