■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック


■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。
もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。




■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:2022-05-26

メタボリックシンドロームのリスクが上がっていけば、
医師はもちろんシェイプアップを勧めます。

しかし医師の言う「シェイプアップ」は体重を減らすことではなく、
内臓脂肪を減らすことを指しています。

メタボリックシンドロームは生活習慣病を発病させる原因ですから、
早めに解消すべきなのです。

つまり、
運動不足や偏っている食べる事で蓄えてしまった
内臓脂肪を減らすことに目的があるというわけです。

内臓脂肪が残っているのがいけないのではなく、
過剰にあることが問題なのです。

適正な状態で内臓脂肪が残っていれば、
内臓を守るという本来の働きをしてくれるのです。
しかし過剰になると、内臓の働きを邪魔してしまいます。

ですから
やみくもに体重を減らすというシェイプアップを行っても、
内臓脂肪が落ちていかないという状態になる方もいるので、
その場合はシェイプアップ方法を見直す必要があるわけです。

実は、内臓脂肪って皮下脂肪よりも落としやすい脂肪なんです。

呼吸や会話ができるほどの有酸素運動をこまめに行っていくだけでも、
内臓脂肪はかなり落ちていきます。

食べる事メニューにも気を配る必要があることは確かですが、
皮下脂肪より結果が出やすいようです。

ところが運動で落としても、
食べる事の中の塩分や脂質が過多であれば、
残念ながら、内臓脂肪はすぐに増えていきます。

生活習慣病を防ぐ食べる事メニューには、適度な塩分、脂質を加え、
運動をライフスタイルの中に加えていくことが、
アンチエイジングを考えるシェイプアップでは、重要になるのです。

いわば若い頃のシェイプアップとは、方法が変わってくるんですね。

さあご飯食べよ~っと。
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシッククリニックを探している人へ