■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。
レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2021-11-28

個人差はありますが、
一般に減量成功の目安は
三ヶ月といわれています。

この三ヶ月。
何気ない数字ですが
実は減量を行う上で
成功の秘訣といっても過言ではないんですよね。

実際、
減量に関するアンケート調査では、
減量に成功した人の継続期間は、
三ヶ月を境にグッと成功する確率がアップしているという
結果が出ています。

理由としては
やはり減量をある程度続けることで
自分のペースが掴めてくることが挙げられます。

ペースが掴めると
ストレスを溜めることも少なくなり、
減量も楽しくできるようになるんですよね。

減量を始めた直後は、
とてもつらかったり、やめたかったりするけど、
減量も生活の一部として、
早く慣れさせてしまえば「つらくない!」
…これが上手く続けていける秘訣でしょう。

一方、
減量に失敗した人の
継続期間はというと…

1ヶ月以内しか続かない人は
ことごとく減量に失敗しているんですね。

やっぱり、
何年もかけて身体に蓄積された脂肪を、
たったの1ヶ月で燃焼させようなんて、
さすがに虫のいい話しなんですね。

やはり成功者に見習い
三ヶ月は続けるのがベストだと思います。

短期間で結果を求めるのではなく、
始めからこの三ヶ月という数字を意識して
減量に取り組んでみるのがオススメですね。

目標を「1年」なんて
長期にするのも一つの手かも知れませんが、
三ヶ月という少し短めにすると
何となく続けられるような気がしませんか?

減量を楽しみながら、
カレンダーに印をつけていくのもいいかもしれませんね。


ホーム サイトマップ