■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。
もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:2022-07-30

産後減量の重要なポイントは
食事と適度な運動です。

では、
産後減量中の食生活について、
何に注意すれば良いかと言うと…

まず、産後減量に有効な食品として、
ビタミンやミネラルが豊富な食品を
多めに食べた方が良いと思います。

ただ、くだものに含まれる果糖は思いのほか高カロリーなので、
食べるのであれば10時か11時、
または3時のおやつとして、少量摂るという形にしましょう。

また産後減量だけでなく
普通の減量であっても天敵である、油物。
たまに無性に食べたくなる時ってありますが、
そんな時には衣をつけず素揚げの方がカロリーは少ないですよ。
夕方食よりも11時食時に食べるようにしましょう。

加工食品も脂質や糖質、塩分が高いので極力避けたい食品です。
佃煮や漬物も、できれば自家製のものを少量に抑えたいところです。

産後の体調が安定してきたら高カロリーな食品を避け、
低カロリーで高タンパクな食品を中心にした食事メニューにしましょう。

また、24時間三食をきちんと食事を摂る事も重要です。
食生活が不規則だと普通の減量もそうですが、
産後減量も成功しません。

あと、お味噌汁をできるだけ具沢山にして作れば
一品で多くの野菜を摂る事ができますよ。
またおでんも低カロリーな食事なのでオススメ!

ただし、
はんぺん等魚肉の加工製品は、意外と高カロリーなので要注意!
おでんを作る時に、だしで煮ただけの大根やニンジンをとりわけておけば
離乳食としても活用できますよ。

色々と食事など工夫して、
手間なく産後減量に取り組みましょう!


ホーム サイトマップ